家族・友人・知人・同僚間での金銭の貸し借りに対して。

家族や友人といった人たちの間での金銭の貸し借りに対しての考えとのことですが,この件については簡単のようで実は難しい問題だと思います。
私はよほどのことがない限り他人からは金は借りないようにしています。もし,どうしてのやむを得ないときは誰からいくら借りたかを自分でメモをして翌日には必ず返して領収書をもらいます。そこまでしないと後で問題が起こったときは大変だからです。金銭の貸し借りで今まで仲が良かった人と仲違いはしたくないからです。
昔から「親しき仲にも礼儀有り」というように金銭の貸し借りとなれば親しき仲ほど慎重でなければいけないと私は思います。
それらのことを考慮すると,家族に関しては自分の状況を話していくら必要なのかということをよく聞いた上で検討して10~30万円までは貸すかと思います。
なぜなら,家族は困ったときこそ助け合うべきものだと思うからです。ただ,30万円までといったのは,私はいま派遣社員として働いているので収入の面で不安定で,かつ今の自分の貯金残高を考えてのことです。

あと,友人に関しては,1万円が上限でしょう。いくら友人といえど10万円台の金額を貸してほしいとなると一体何に必要なのかしっかりと問いただす必要かせありますし,事業やギャンブルなどであれば論外です。実際,私には10万円も他人に貸す余裕な金はありません。
まして,友人といえど他人なので金を借りたまま夜逃げなどといったことのありうるからです。
知人に関しては問題外です。ただ知っている人というだけでどんな人かもよくわからない他人には金を貸さないし,逆に借りたりもしません。
同僚に関しては,職場の人なのである程度安全な面はありますがよほどのことがない限り金の貸し借りはしないほうが無難です。なにかの事情で本当にやむを得ないとき,たとえは本日までになにかの費用が必要の時持ち合わせがないといった時以外は金銭の貸し借りはしないというのが私の考えです。
そのときは,互いにいくら貸し借りをしたか金額を互いにメモをして翌日に返す約束をして返す時には領収書をもらいましょう。
以上が家族・友人・知人・同僚間での金銭の貸し借りについての私の意見ですが,相手が誰であろうと絶対に断らなければいけないのは連帯保証人の依頼です。
これは,相手の借金をすべて肩代わり(http://xn--nbkj504uhe8b.net/)するといったものです。連帯保証人の依頼は相手が誰であろうとはっきりと断りましょう。

 

~sdcal


No Responses Yet to “家族・友人・知人・同僚間での金銭の貸し借りに対して。”

Leave a Reply